トラック買取業者の買取価格をトラックの車種ごとにじっくりと比較してみましょう

トラック買取の比較ホーム > トラックのキャビン > いすゞ トラックの買取価格をWEB上で実際に調査し比較したサイトです!

いすゞのキャビンと買取価格一覧

いすゞは自動車メーカーの中でも最も古い歴史を持つ企業で、商用トラックを中心に事業展開しており、かつては「アスカ」「117クーペ」等の乗用車も製造していましたが、現在では乗用車部門からは完全に撤退しており、トラックやバスなどの商用車のみを展開しております。(但し、今でも製造しているコモは商用バンに分類されますが、乗用車登録も可能です。)
このメーカーのいすゞエルフはトラックに詳しくない方でも見た事、聞いた事はあるのではないでしょうか。
一時期ゼネラルモータース(以下GM)の関連会社だった時期もあり、OEM供給を受けて販売されていたピックアップトラックもありました。
2006年にはGMと資本提携を打ち切り、 再び独立系の企業となりました。

日本最大のトラックメーカーなだけあって海外でも展開しており、エルフは「リワード」の名前で海外では販売されており、国内にはないラインナップとしてピックアップトラックが発売されております。

私に取っていすゞのトラックは思い入れのあるメーカーで、エルフは初めてのトラックであり、現在の相棒であるギガもいすゞ製です。
日本の商用トラックの中でも特にシェアがあると言う事で乗っていらっしゃる、乗っていなくても好きな方も多いのではないでしょうか?

PA-FRR34L4等のフォワード

PA-FRR34L4等のフォワード
投稿日:2014年11月28日
いすゞフォワードはいすゞ社が製造する中型トラックのシリーズとなります。このモデルは2005年から2007年まで製造されていた4代目モデルの最終モデルとなります。エルフにオプション設定されていたスムーサーがフォワード専用としてオプション設定された事が特徴です。
>>詳細を見る

PJ-CYL51V5A等のギガ

PJ-CYL51V5A等のギガ
投稿日:2014年11月11日
いすゞギガはいすゞが製造する大型トラックで810の後継車両となります。1994年からモデルチェンジをせず、大小のマイナーチェンジを繰り返しながら現在まで製造されています。この形状のギガは平成12年から平成17年までに製造されたタイプのトラックとなっております。
>>詳細を見る

PB-NKR81等のエルフ

PB-NKR81等のエルフ
投稿日:2014年10月16日
この年代のエルフは2004年にマイナーチェンジした5代目モデルの最終型です。全車にスムーサーが標準装備されたモデルで、2005年にはハイブリッド車も登場しました。モデルチェンジと生産累計が400万台を達成しており、兄弟車にマツダタイタンも加わりました。
>>詳細を見る

広告欄

トラック買取の価格比較サイト