トラック買取業者の買取価格をトラックの車種ごとにじっくりと比較してみましょう

トラック買取の比較ホーム > コンテンツ > ドライバーは健康面に注意しましょう トラックの買取価格をWEB上で実際に調査し比較したサイトです!

ドライバーは健康面に注意しましょう

荷物を積んでどこにでも運んでいけるトラックは現代社会の流通を最前線で支えています。 そんなトラックですが、大きさも様々です。大型トラックから、2トントラック、軽トラまで含めると、かなりバラエティーに富んでいることがわかります。田舎の農家などが愛用している軽トラなどは、ちょっと田んぼまで見に行ったりするときに大活躍しています。ただ基本的には長距離を走ることはあまりないと思います。 それに対して、一概には言えませんが、トラックも大きくなればなるほど、長距離で走ることが多くなります。日本列島を東から西へ、また西から東へと走り回るわけで、なかなか大変です。

そうなると長距離ドライバーは毎日家に帰るわけにはいかず、車内で寝たりすることも多かったりします。大型トラックが止まれるスペースがある高速道路のパーキングでは仮眠をとるドライバーの車がずらっと並んでいるのを見ることがあると思います。車が大きいだけに仮眠スペースを取るのも大変です。 ただ、ドライバー同士は横のつながりが強いので、どこに行けば車を長時間止めて置けるかといった情報を常に交換していたりします。そんな点を見ていると結構、仲間とのコミュニケーションは大事といえます。

長距離を走っている場合、必然的に食事はほとんどが外食ということになり、食生活も不規則になりがちです。外食ばかりだと、野菜が不足しがちになり、ビタミン不足になることが多くなります。 そうなると体調も崩しがちになります。

また、車の運転というのは座っているわけですから、楽だと思われがちですが、そんなことはないのです。ずっと座ったままだと上半身の重みがすべて腰に集中します。想像以上に腰に負担をかけていることは自覚しておいたほうが良いです。長年、ドライバーとして勤務している人の多くが腰痛に悩んでいるというデータもあります。 通常の腰痛症ではなく、椎間板ヘルニアになってしまっているドライバーもいます。椎間板ヘルニアになると、慢性的に腰痛を抱えることが多く、生活面でも支障が出てきてしまいます。腰痛というのは、ある意味ドライバーにとって職業病だと言っても過言ではありません。

このようにトラックドライバー、特に長距離ドライバーはハードな生活になりがちなので、健康面に関しては意識して気をつけるようにするべきです。

また、不規則な生活で集中力を失い、事故につながってしまうケースもあるので、気をつけましょう。 車は機械ですので整備も欠かせません。自己責任できちんと整備することも日課としたいものです。こうやって車のメンテナンスをしていると、いざ車を買取に出した際にも高く売れます。そういう視点からも車は大事に乗っていくべきです。 若いうちだと少々ハードな生活をしても大丈夫なものです。ですが、年齢と共にそれが体に大きな負担となってきます。 いつまでもトラックドライバーとして活躍し続けることができるように健康面には留意しましょう。

広告欄

トラック買取の価格比較サイト