トラック買取業者の買取価格をトラックの車種ごとにじっくりと比較してみましょう

トラック買取の比較ホーム > コンテンツ > トラック買取に必要な書類 トラックの買取価格をWEB上で実際に調査し比較したサイトです!

トラック買取に必要な書類

トラックを買取してもらう際には、当然ながらそれに関わる書類が必要です。
普通に使用している車両であれば大体いつも使う書類だけがあればよいのですが、何か特別な状況では必要な書類は変化したり、多くなったりします。

このページでは私の備忘録を兼ねて状況によって必要な書類をまとめました。
売却時の参考にしてください。

抹消時に必要な書類

私としては、まずトラック買取の際に必要な書類と言うと以下に上げる4つの書類ですね。
普通に使っているトラックであれば大体はこの4つの書類を求められます。

・委任状
車両登録などの手続きを持ち主に代わって買取店に任せる事を証明する書類です。
業者がやってた当日に業者から渡されて記入する事が多いのですが、ホームページを公開している業者ならば、
そのホームページからダウンロードして予め用意しておくことができます。

・譲渡証明書
買取ってもらう車両をその業者に譲り渡す事を証明する書類です。
こちらも業者から売却する当日に貰う事が多いですが、ホームページ上に記入用紙をダウンロードできるようにしている業者も多い為、
予めダウンロードをして用意しておくことが可能です。

・印鑑証明書
委任状と譲渡証明書には僕らオーナーの持つ実印の捺印が必要なのですが、その捺印が有効なものである事を証明する書類になります。
大体の業者は発行日から一ヶ月以内のものを要求してくるので、売却を検討する際にはこの発行の手続きが必要です。
また、発行に手数料がかかるのも面倒です。

・自動車検査証又は登録識別情報等通知書
いわゆる車検証ってもんです。大抵は車両と一緒に保管する事が多いです。私の持ってる車の車検証は全部ダッシュボードに入れております。
ナンバーが付いている車両ならばこの車検証ですが、構内仕様などのナンバーが付いてない車両や一時抹消が終わっている車ならば抹消登録後に陸運局等から発行される「登録識別情報等通知書」を用意する必要があります。

これら4つの書類を基本として買取の際に要求される書類となっております。
但し、状況によっては必要な書類がこれら4つよりも増える事があります。それをこれからご紹介いたします。

所有者の名義がディーラーや販売店、ローン会社の場合

ローンで買った車両やリース車等がコレに当てはまる事が多いです。

・所有権解除書類
元々の持ち主になる人の所有権を解除する書類です。
コレを用意してくれるかどうかは所有者になる会社が用意してくれるかどうかによる為、そちらに問い合わせて用意します。

・所有者の印鑑証明書
元々の所有者となる人の印鑑証明書です。概要は上で説明した通りですが、こちらも先方に用意してもらう形になります


ようするに所有者の所有権を解除してもらって買取できるような状態にして貰う事が必要になり、その為の書類が一通り必要になると言う事ですね。
因みに委任状や譲渡証も必要です。

書類を紛失している場合

私も種類を紛失する事、よくあります。
車検証なんかは車のダッシュボードに入れてるから殆ど無くさんのですが、その他の物がバインダーで管理してるもんですから良く無くします。

・自賠責保険証
各保険会社で申請できる書類です。基本的に再発行に手数料は不要となっています。
この際に身分証明書が必要です。

・車検証
無くさないと冒頭で申し上げましたが、実は…一度だけあります。
この際に必要になったものが多いのなんの。

 まずは車のナンバー。これはわざわざ外さなくてもメモ書きでも大丈夫でした。
次に認印、身分証と手数料、それから理由書が必要でした。理由書と言うのは再交付の理由と見つかった時に古い車検証を返納すると言う内容が書かれたものでした。
買取業者によっては手数料と委任状を出せば再交付までやってくれるところがあるようです。

あれ以来無くす事は無いのですが、次そう言う事があれば頼んでみようと思います。

広告欄

トラック買取の価格比較サイト